読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことで生きていく道

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

勉強カフェでやる気が出るのか?

今年の3月から勉強カフェを契約して作業や勉強をしている。

勉強カフェというのは、その名のとおり勉強をすることを目的としたカフェである。 集中して勉強をしたい人が契約をして、契約したプランで認められた時間であれば何時間でもいてもよくてコーヒー・飲み物も飲み放題。 ここに来たらやる気が出てくるぞってカフェになります。

 

契約プランにもよるけど、私が使っている平日プランだと月1万円くらい。 それぞれ、仕切りのある作業スペースがあって、電源やネット回線もあるのでノートパソコンを持ち込んで作業をすることもできる。 どんな場所かは勉強カフェの公式サイトもあるので、気になったらチェックしてみてほしい。

 

 

やっぱり、自分の家で作業をしていると、いまいち集中できなかったりさぼってしまったりすることが本当に多い。自分はそういう人間なので、こういった作業をするしかない場所にいたほうが効率は上がると思う。 ましてや、いまは子供が生まれたばかりで家にいると何かとバタバタするので、勉強カフェのような集中できる場所を使うのは良いと思う。

 

普通のカフェでノマドをしてもいいけど、やっぱりコーヒー1杯で何時間も粘るのはちょっと気がひける。電源やネット回線を確保できるカフェも近くにないしね。 そんなわけで、勉強カフェの利用を開始して4ヶ月目。使っただけの成果があがっているのかというと疑問を感じる。

 

まず、勉強カフェに通う回数、時間が思ったよりも少ないというのがある。たしかに、勉強カフェに来てしまえば集中して勉強や作業ができるのは間違いないけど、そもそも通えないのであれば意味がない。 今は週2、3回ペースだろうか。また午後4時とか5時くらいから2、3時間の利用になることも多く、これでは十分に使い切れない。

 

目標としては週3、4回、4、5時間程度使えると、かなり効率が上がるような気がする。予定が入ったりすると勉強カフェには行けないし5時間もいられないので厳しいとしても終日居られる日を1日か2日作ってもいいし。

 

そして、勉強カフェでやることとしては、第二領域にあたる「今すぐやらなくてもいいんだけど、やることで大きなプラスが得られること」を重点的にやっていきたい。 読書だったり、差し迫った締め切りのない執筆だったり、このブログを書くことも第二領域の活動だと思っている。 当初、そのつもりで勉強カフェと契約をしたんだけど、そのことが抜け落ちていた気がする。

 

気持ちを新たに勉強カフェの使い方を考えながら勉強カフェをネタにしてこの記事を書いたのであった。