陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

好きなことをして生きていく条件

YouTubeのCMでユーチューバーと言われる人をピックアップして「好きなことをして、生きていく」なるキャッチコピーでプロモーションをしていますね。

 

ここ最近現れた職業?であるYouTuber。ヒカキンさん、マックスむらいさん、バイリンガールさんなどが有名でしょうか。個人的に好きなのはKAZUYAさんですね。

 

動画を使って情報発信をすることで人気が出て、多くの人に見てもらえるから広告収入や企業とのタイアップによって収入を得ることができ、職業として成立するというわけです。

 

 

ブログ、メルマガ、Twitter、Facebookなどさまざまな媒体で知名度を上げて、食べていけるようになった人たちがいますが、ユーチューバーたちもその部類ではと思います。

 

「好きなことをして、生きていく」というキャッチフレーズ。 これは良いことだし憧れることかもしれません。かくいう私も、わりと好きなことをして生きている部類の人間ではあるでしょう。 ただ、誰でも好きなことだけをして生きていけるのか?というと、そこには条件があります。

 

好きなこと=自分が好きなこと=自分がやっていて楽しいこと になりますよね。それをやっていくことでお金になるのか?これは、自己完結していたらお金にはならないんですね。

 

例えば、マックスむらいさんとか、パズドラのプレイ動画などをアップして有名になった方だと思いますが、たしかにパズドラが好きだからパズドラで遊ぶだけでお金がもらえるんだったら、それは好きな人だったら理想的かもしれません。

 

でもですね。お金を生み出すには条件があります。 それが、人に楽しんでもらうこと。人に役立つと思ってもらうことです。 マックスむらいさんは楽しいパズドラのプレイ動画をアップすることで、多くの人を楽しませてファンを増やしてきたのでしょう。たくさんの人に価値を提供してきたのです。

 

だから、YouTubeという媒体を大きくして、そこからビジネスが生まれてお金になっているのです。

 

別にユーチューバーにならなくても、好きなことをして生きていく道はたくさんあります。 動画が嫌だって人は、ブログとかメルマガで情報発信をすればいいです。文章が苦手な人はFacebookとかインスタグラムとかTwitterを使う方法があります。

 

もちろん、動きや外見などビジュアルで勝負ができる人はユーチューバーを目指せばいいです。

 

昔は好きなことをして生きていこうと思ったら、好きなことを職業にするくらいしかありませんでした。 今は、さまざまなメディアが登場したことによって、好きなことを仕事にして生きていける環境が整ってきています。本当に面白い時代になりましたね。

 

とはいえ、自分のことだけを考えて好きなことをしても、好きなことをして生きていけないのは先ほどお伝えしたとおりです。 自分のことだけではなく、人に楽しんでもらうこと、役立つこと、利益を与えることを考えて、それを好きなことをやりながらできれば、好きなことをして生きていく道が見えてくるのではないでしょうか。

 

今、好きではないことを仕事にしていて嫌だなぁと思う方は、好きなことをテーマに情報発信をしてみることを、やってみても面白いのではないでしょうか。