陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

なぜ、人は目標を忘れてしまうのか?

あなたは1年の最初に目標を立てましたか?

その目標、今も覚えていますか?

その目標に向けて、日々できることをやっていますか?

 

目標設定型の人でうまくいっている人の特徴として、立てた目標を振り返って達成できたかどうかをチェックしていることがあるのかなと思います。 だから、立てた目標をこまめに見返して進捗状況を確認して、軌道修正したりしている。

 

私はこれ、今まであんまりできてないんですね。 もっとも、目標設定型と目標展開型という2つのタイプがあって、目標展開型の人の場合はおおまかに方向性だけ決めて細かい目標はあまり立てないほうがうまくいくようです。この話は本田健さんの本などに出てきます。 (どの本だったかは忘れてしまいました。)

 

私はというと、うーんどっちかな。どちらかといえば目標設定型のような気がします。両方ハイブリッドだとは思うんだけど、やや目標設定型の方が強いのかなと。 ですので、私にとって必要なのは目標を定期的に見返して進捗確認をする習慣を持つことですね。

 

今月はブログを書く習慣を習慣化するようにしていますが、来月以降はこの目標の見返しを習慣化リストに加えたいと思います。 タイトルに書いた「なぜ、人は目標を忘れてしまうのか?」その理由の1つに、目標を振り返る習慣を身につけていないからでしょう。

 

目標をこまめに振り返って、進んでいなければ進むような計画を立てたり目標を軌道修正ができるわけです。 目標を立てただけで、何もせずに放置してしまっていたら、それは目標を忘れてしまいますよね。

 

目標展開型の人が、方向性だけ決めてあとは流れに任せるということであれば、1度目標を立ててあとは振り返らないというのもありかもしれません。 そうでないのであれば、ぜひ振り返りの時間は持つようにしましょう。