読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことで生きていく道

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

好きなことを仕事にすることは可能か?

よく議論になる「好きなことを仕事にすることは可能か?」という話。

これは、もう結論が自分の中では出たことかな。

好きなことをして、そのことにお金を払ってくれる人がいるなら好きなことを仕事にすることが可能。

好きなことをして、そのことにお金を払ってくれる人がいなかったら無理。

それだけの話。


例えば「ゲームをするのが好き!」という場合は、普通はゲームをしても楽しいのは自分だけで他人の役には立てないし、それにお金を払いたい人もいません。

 

だから、ゲームをして遊ぶことを仕事にすることは無理でした。

でした。というのは、最近ではそうでもない場合があります。


例えば、ゲーム実況動画というのは、ニコニコ動画などでとても人気のコンテンツです。

多いときは1本の動画を100万人以上の人が視聴したりします。

それだけ集客力があれば、企業とコラボをしたり広告収入を得たりする道も見えてくるでしょう。

ですので、たとえゲームをすることであっても、そこに価値を感じてくれる人がいてお金を払う人がいたら仕事になります。


寝ることが趣味ですって場合は・・・まー寝てるだけじゃお金は稼げませんよね(笑)

でも、快適に寝ることができるノウハウをまとめたら、それを売ったりできるかもしれないですし、不眠で悩んでいる人にコンサルティングをすることで稼ぐことができるかもしれません。

 

これも電子書籍とか情報商材とか、オンラインを使って知識や情報を売ることができるようになったから可能になった稼ぎ方です。インターネットのテクノロジーというのは素晴らしいものですね。


そもそも、自分が好きなことをするってことと、他人がお金を払いたい価値があるってことは関係がないことなんですよね。

 

だから、好きじゃないことでも他人がそれにお金を払う価値があると感じてもらえることだったら仕事になります。
(そういう仕事をしている人も多いかもしれません。)

 

なので、好きなことを仕事にしたい人は、好きなことをすることで、どこに他人に価値を感じてもらえるか。お金を払ってもらえるか。

そこを考えていくといいかもしれませんね。

 

どうせ仕事をするんだったら、好きなことを仕事にしたほうがストレスも少なくて楽しいと私は思います。ただ、自分が楽しんでいるだけで人の役に立たないことは仕事にならないですので、そこは工夫のしどころですね。