読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことで生きていく道

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

オウンドメディアの作り方

オウンドメディアとは何か?

オウンドメディアというのは、よく最近ネットビジネス業界では耳にする言葉だけど、要は独自ドメインの自社サイトを持つということ。

ソーシャルメディアに対応する用語だと思えばいいのかな。

なんだか言葉ばかりが先行している気がするけど、たしかにオウンドメディアを充実させることはウェブ上で自社のメディアの基盤になるので良いことではあるでしょう。


なぜ、オウンドメディアを使う必要があるのか?

結局、無料ブログとかソーシャルメディアは自社メディアではないのでコントロールができないのです。

この、はてなブログも運営会社に目をつけられて消されてしまう可能性もなくはないわけです。

だから、自社でもアクセスのあるサイトを持ちましょうねというのがオウンドメディア構築をする意図です。


オウンドメディアの作り方

オウンドメディアの作り方というのは簡単で、独自ドメインを取得してワードプレスをインストールします。

なんでもいいんですけど、ワードプレスを使うのが1番更新が簡単かもしませんね。

質の高いコンテンツをどんどん投稿していくのが基本戦略。これはソーシャルメディアも一緒ですね。

それにあたって、自分にしか書けない記事を書くのがベスト。

 

記事を外注して量産してっていう手法が蔓延しています。今でも外注で記事を量産してオウンドメディアに掲載してもそれなりにアクセスは集まるんでしょうが、いずれ厳しくなる可能性が高いと思われます。

いかに他者と差別化できるコンテンツを書けるのかというのは重要な課題ですね。


SEO対策用記事とソーシャルメディアで拡散させる記事

1記事1記事にキーワードを入れて検索エンジンから集客できる記事を書いていくことと、ソーシャルメディアでバズるような話題性のある記事をまぜていくことも重要。

検索エンジン狙いの記事はキーワードを盛り込んで検索されるキーワードを意識すること。

ソーシャルメディア狙いの記事の場合は、なかなか狙って作れる気はしないですが、どういう記事が拡散しているのかをリサーチして、似たようなコンセプトで記事を作っていく必要がありそうですね。

 

オウンドメディアを活用するべきか?

本当の意味で安定してネットビジネスをやっていきたいなら、オウンドメディアを活用するのは良い選択だと思います。

自分でコントロールできる媒体を持つことは、やはり意味があることでしょう。

ソーシャルメディアがもてはやされていますが、結局運営者のさじ加減ひとつで消える可能性もあるメディアです。

とはいえ、趣味で運営をするのなら気軽にできる無料ブログやソーシャルメディアで十分だし、ソーシャルメディアならではの良さもあります。

 

オウンドメディアにアクセスを呼びこむ中継基地としても無料ブログやソーシャルメディアも一緒に活用していくのは意味があると思います。