陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

Facebookはオワコンかもしれないと思ったので調べてみた

Facebookはオワコンなのかもしれないと思って調べてみました。

 

オワコンとは?

オワコン(おわコン、終わコン、終わったコンテンツとも)とは、主に一般ユーザーに飽きられてしまい、一時は栄えていたが現在では見捨てられてしまったこと、およびブームが去って流行遅れになった漫画・アニメや商品・サービスを意味するインターネットスラングである

ウィキペディアより)

 

SNS疲れだとかそういう言葉も聞くし、そういえば以前ほどFacebookに熱中してないなって気がしてたんです。

 

私もFacebookを始めた2010年~2011年くらいにかけてのときが1Facebookを使っていましたが、今はそのときほどではないですね。

 

 もっとも私の場合は仕事上使う必要があるからFacebookは必ず使いはしますし、妻だったりまわりの友人を見ても、必ずしも仕事で使う必要がなくても普通に使ってるよなーと思っていました。

 

じゃあ、実際のところどうなんだろうと思って、googleトレンドの存在を思い出して調べてみたんです。

 

googleトレンドというのはgoogleの検索数の推移を見ることができるサイトです。

ここでFacebookを検索してみると・・・

 

じゃん!

f:id:moriya-shinichiro:20170721230512p:plain

ほら、やっぱり落ち目だった!

 

Facebookの検索数は2012年の12月をピークに右肩下がりです。

ピーク時の半分以下になっています。

 

じゃあじゃあ、Twitterは?

 

どんっ!

f:id:moriya-shinichiro:20170721230558p:plain

Twitterも右肩下がりなんですね。

 

Facebookよりもピークの時期が遅いのが意外でした。

 

でも、実はこれ世界全体でのトレンド。日本の場合は・・・

f:id:moriya-shinichiro:20170721230615p:plain

あれ?

Facebookに比べて日本では下がり方はゆるやかですね。

 

しかも・・・

f:id:moriya-shinichiro:20170721230633p:plain

ツイッターとカタカナに直したら右肩上がりですらありました。

日本ではTwitterが支持されてるんですね。

 

天空の城ラピュタが放送されたときには、みんなでツイッターバルスしたり、独特の文化がありますからね。

 

俳句や短歌が発祥の日本では、ツイッターのように短い文字数で表現するのが好きな国民性なのかもしれません。

 

では、最近流行のInstagramはどうでしょうか?

まずは世界全体でのトレンドから。

f:id:moriya-shinichiro:20170721230714p:plain

世界的に見たらずっと右肩上がりですね。

 

では日本は?

f:id:moriya-shinichiro:20170721230757p:plain

世界から見たらやや遅れているものの、最近になって急に伸びてきました。

 

今度はYouTubeはどうでしょう?

f:id:moriya-shinichiro:20170721230818p:plain

 

なかなか安定しているようです。

ピークは過ぎていますが今のところ下げ止まってキープしていますね。

 

いわゆるYouTuberと呼ばれる人たちが出てきて頑張っているせいもあるかもしれません。

 

最後に、LINEを調べてみました。

f:id:moriya-shinichiro:20170721231535p:plain

LINEは伸びは止まっていますが、安定して検索されているようですね。

 

googleトレンドでは複数の指標を比較することもできます。

 

これまで調べてきたFacebookTwitterInstagramYouTubeLINE5つを比べたらどうなるでしょうか?

f:id:moriya-shinichiro:20170721231021p:plain

おー!

 

一時期は圧倒的に検索されていたFacebookはみるみるうちに減って、今ではTwitterYouTubeLINEにすべて抜かれていることがわかります。というかYouTubeの安定感が凄いですね。

 

Instagramは伸びてはいるものの、ほかのSNSに比べるとまだまだシェアは少ないですね。

 

ちなみにこれは日本国内のトレンドですが世界的に見ると・・・

f:id:moriya-shinichiro:20170721230951p:plain

Facebookの実力は健在のようです。TwitterInstagramLINEに関してはないに等しいくらいのようです。アメリカ大統領のドナルド・トランプとか結構Twitterでつぶやいているイメージあるんですけどね。

 

このグラフはgoogleの検索回数をベースに作られていると思われますので、アプリにもともと入っていたり、お気に入りに入っていたりすると、検索はされにくくなると思われます。

 

とはいえ、それはどのSNSも条件は一緒ですので、体感的に見てもこんな感じのSNSの利用状況で合ってそうだなという気がします。

 

こちらのページによると・・・

 

www.uniad.co.jp

 

それぞれのSNSのユーザー数は、

Facebook・・・2400万人

Twitter・・・4000万人

Instagram・・・1000万人

LINE・・・6800万人

 

だそうで、Twitter多いのはたしかにそうなんですね。Instagramgoogleトレンドではそれほど検索数がなかったように見えましたが、1000万ユーザーでしかもさらに伸びているということで、今後はまた違ってくるかもしれません。

 

LINEを使っているユーザーはとにかく多いですね!私の両親や妹など、TwitterFacebookはやっていないけど、LINEだけはやっています。そういう意味でも当たってそう。

 

LINEはアプリでスマホに入っているので、あえて検索する人は少ないのかもしれませんね。一般的なSNSのような発信や情報収集に使うのではなく、仲の良い人との交流に使う程度の人も多いかもしれません。

 

情報発信をする側の考え方からすると、Facebookは日本では落ち目。Twitterの勢いはキープ、Instagramは伸びてる、LINEは検索こそされないもののユーザー数はずば抜けていて利用率は高い、検索数ベースではYouTubeが最強。YouTuberが勢いあるわけだ。

 

って感じでした。

 

単純に検索数ベースだとSNSの盛り上がり具合は、

 

YouTubeTwitterLINEFacebookInstagram

 

ということになりますね。

 

ちょっとこれは意外だったという方も多いのではないでしょうか?

 

情報を発信していく優先順位も、この順番は頭に入れておくと参考になるかもしれませんね。

 

ユーチューバー目指したほうがいいかもって、思えてしまうデータでしたね!

 

 

ちなみに、メルマガで検索すると検索数ベースではまったくSNSには歯がたたず、トレンドも下降気味ではありますが、情報発信の手段としては依然有効なのはメルマガです。

 

私のメルマガもそろそろ配信していきますので、登録してみてください。

タイプ別のSNS集客攻略法とか、最近話題になっているVALUの最新情報とかを配信していく予定です。

→ こちらから無料で登録できます。

 

タイプ別のSNS攻略法は適性診断テスト・ウェルスダイナミクスを使って考えていきます。今すぐ知りたい方はこちらの個人セッションに申し込んでいただければすぐに教えることもできます。

 

よろしければどうぞ。