陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

セミリタイアするにはいくらお金が必要?セミリタイアする方法は?

f:id:moriya-shinichiro:20170723231501j:plain

なんかセミリタイアて、今さら流行らない言葉な気がしましたが、ブログ村のセミリタイアカテゴリって、意外と人気なんですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 インターネットビジネス黎明期には、結構セミリタイアって言葉はもてはやされた気がします。最近ではあんまり使われないかな。

 

会社で雇われることを辞めて、好きな仕事や投資・資産運用を行なって生活費以上のお金を稼ぐ。もしくは十分な貯金があってそれを切り崩しながら生活する。

 

って感じがセミリタイアなイメージです。

 

まーでも、セミリタイアできるくらいに資産を築けた人って、結局お金を稼ぐ能力があって、ビジネスや投資が好きな人が多いだろうから、結局セミリタイアできても飽きてまた新しいことやり始めるんじゃないかって思いますけど、どうなんでしょうか。

 

本田健さんとか、育児セミリタイアをしたってことで本にも書かれてましたよね。

 

育児セミリタイアって、要は育休なんじゃないのって気がしますが(笑)

でも、日本の男性は育休に1年間とかほとんどの人は無理なんで、育児セミリタイアできるって珍しいケースではあるのかもしれません。

 

では、セミリタイアするのにいくらお金が必要なのか?

 

収入と支出と貯金と年齢次第ですよね。

 

収入から支出を引いた額が何年間持つのか。

マイナスになる場合だったら貯金は何年分持つのか?

で、何年その生活を続けられるかがざっくり計算できます。

 

済んでる地域とか家族構成にもよるでしょうけど、それほど贅沢しないでまずまず生活していける収入としては月2030万円くらいでしょうか。

 

東京都内で結婚してて子ども2人とかだったら、年収1000万円以上ないと、なかなか厳しい場合もあるかもしれませんね。

 

そもそも、今の生活を続けるためには最低いくら必要なのかってことですね。

 

そこが理解できていないと、なにかあったときに金銭的に大きな不安を抱えてしまって精神衛生上よくありません。

 

ロバート・キヨサキが書いた「金持ち父さん貧乏父さん」の中では不労所得の収入-支出の額がプラスになったら、ファーストトラックという、いつでもセミリタイア可能になる状態であると言っていました。

金持ち父さん貧乏父さん

 

じゃあ、その不労所得というのはどこから生まれるのか?

 

ロバート・キヨサキの場合は不動産投資でした。不動産投資であれば、たしかに軌道にのっていれば、そこまで手間をかけずとも収入は稼げるかもしれません。

 

あるいは、株式投資などでも1億円くらい投資資金があれば数%の配当がある銘柄を中心に投資をしていけば、ほぼ不労所得になりますので生活費くらいは稼げるようになります。

 

アクティブな運用で年利10%以上稼げるなら、もうちょっと投資資金は少なくても行けるでしょうが、私はその運用を安定してできる自信ないので、自信ある人はぜひどうぞという感じです。

 

インターネットビジネスの場合はサイトのアフィリエイトなどSEOで自動的に集客してアフィリエイト報酬を得るようなモデルであれば、ほぼ不労所得状態にはなります。

 

ただ、ずっとその状態のまま何もしないと、検索順位が落ちたりアフィリエイトの案件自体が中止してしまったりするので、メンテナンスや新たなビジネスを常に立てていく必要はあり、セミリタイアを長く続けることは難しそうです。

 

あとは、ビジネスオーナーとして会社の大株主や顧問として入る形で経営者を雇ったり、会社を売却して多額のお金を作ってその貯金を切り崩すなり運用するなりしてセミリタイア状態になる。

 

っていうのは現実的に可能そうです。

 

ビジネスオーナー路線、あるいは会社売却路線はどちらも魅力的ではありますね。

 

このあたりのロードマップはウェルスダイナミクスという理論を深いところまで学んでいくと、どういう道すじでそれが可能なのかっていうのは見えてくるものがあります。

 

いきなりそこまで深く学ぶのは難しいですが、最初の一歩であれば私もコンサルティングはすることができます。

mshinnet.com

 

私のメルマガもそろそろ配信していきますので、登録してみてください。

タイプ別のSNS集客攻略法とか、最近話題になっているVALUの最新情報とかを配信していく予定です。

 こちらから無料で登録できます。