陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

睡眠時間を増やして早寝早起きプロジェクト

 

5月からSleep Meisterというアプリを使って睡眠時間を測定しています。

 

その結果・・・

 

5月の1日あたりの平均睡眠時間・・・5時間18

 

6月の1日あたりの平均睡眠時間・・・5時間24

 

7月の1日あたりの平均睡眠時間・・・5時間2

 

とずっと5時間台前半だったことに気がつきました。

 

測定をしているのに何も改善しないのは、測定している意味がない。

 

これは、仕事でも最近あった気付きですがプライベートの活動でも同じことをしていることに気がつきました。

 

そこで・・・

 

7月はブログ更新月間ということで、ブログを定期的に更新する習慣をつけようと計画していましたが、8月は睡眠時間を増やして、早寝早起きにシフトしていこうと決めました。

 

睡眠時間の改善・早寝早起きは習慣化に3ヶ月かかるそうなので、8月、9月、10月かけて理想的なリズムに持っていきます。

 

理想的なリズムは7時間睡眠をして5時半には起きること・・・

 

つまり、10時半には寝る必要があります。いきなりそこを目指すのはギャップがあり過ぎるし、それをやろうとして何度も失敗してきたこともあります。

 

そんなわけで少しずつ改善をはかって、まずは8月は6時間以上睡眠をとるところから始めてみます。

 

6時間を続けるだけでも普通の人は睡眠負債がたまってしまって、徹夜をしているのと同じ状態になっているそうです。

headlines.yahoo.co.jp

 

その人の遺伝的な要素によって、ごく一部短時間睡眠でも大丈夫な人はいるようですが、一般的には6.57.5時間程度の睡眠時間を確保することが望ましいようです。

 

夜、遅くなってもやりたいことがたくさんあるので、ついつい夜ふかしして活動をしてしまうのですが、実際のところそうすることがプラスになっているかというと、そんなに効率は良くないような気もします。

 

なので、思い切って早く寝てしまうことにします。8月に入ってからの睡眠時間の状態はこんな感じです。

f:id:moriya-shinichiro:20170804100839p:plain

平均6時間以上はキープしています。1データあたりの睡眠が短いのは一晩で2回に分けて測定をしてしまったので、1データあたりが短くなってしまっているので特に問題ありません。

 

昨日は12時前に布団に入れました。

 

1時とか2時以降に寝ていたのを12時前に寝ようとすると、やりたかったことができなくなるような気がして、かなり不安にします。だからと言って翌朝早く起きて昨夜やりたかったことができるのか?

 

というと、実はあまりできなかったりもするのですが・・・

 

それって今まで深夜にやっていたのは、結局だらだらネットサーフィンしているだけだったり、あまり重要ではない作業をやっていたよなと感じます。

 

睡眠時間を6時間くらいにするだけでも、朝起きるときの爽快感がだいぶ違います。5時間以下の睡眠だと朝起きるときが本当につらい。

 

とはいえ、この睡眠時間でもまだまだ睡眠負債はたまってしまうと思われるので、少しずつ理想に近づけるようにします。

 

睡眠負債返済のため、仮眠も少しとったほうがいいかもしれませんね。