陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

VALUとpolcaの違いとは?

一昨日からスタートしたフレンドファンディングサイトのpolcaですが、ツイッターで「VALUpolcaの違いって何なの?」というような趣旨の投稿がされていたのに気がつきました。

 

明らかに違うから説明するまでもないでしょ?

 

と思ったのですが、実際に自分でやっていないと、どう違うのかも答えようがないと思い、まとめてみることにしました。

 

【目次】

VALUとpolcaのそれぞれのサイト

VALU

valu.is

 

polca

polca.jp

 

よく見たらサイトのトップページの色合いなどちょっと似てますね。

 

まずは共通する点、

 

どちらもクラウドファンディング的にお金を集める仕組みである

VALUにしてもpolcaにしても、他人からお金を集める仕組みになっています。クラウドファンディング的に、個人が決めた目的のためにお金を集めることができます。

 

クラウドファンディングの要素は、どちらかといえばpolcaの方が強いかもしれません。というのもVALUの場合は個人の株式上場とも言えるスタイルなので、必ずしも「このことをするためにVALUを発行する(上場する)」という説明は必要ありません。

 

資金調達の目的・用途なとも説明する方が親切ではあると思いますが、VALUではそれは必須ではありません。

 

polcaの場合は、資金調達の用途記載は必須です。ただ、「人の金で肉を食べたい」など気軽だったりネタ的な用途で使う人もいます。

 

VALUは優待を、polcaはお返しを設定する

これらは必須ではありませんが、VALUでは優待を、polcaではお返しを設定することができます。優待というのは株主優待のようなもので、自分のVALUを買ってくれた人にお返しとして提供するものになります。

 

クラウドファンディングでもお返しをどうするかは重要ですよね。ふるさと納税などもクラウドファンディングの一種ですが、お返しの充実度によって資金調達の金額はかなり変わってきます。

 

ただし、優待の設定を豪華にするあまり、自分に負担がかかってしまうと元も子もありませんので注意です。

 

polcaの場合は優待ではなくお返しを設定します。これは「感謝の気持ちを伝えます!」みたいな気軽なお返しである場合も多いです。

 

ちょっとしたものでも大丈夫なのですが、「これ、もらうと嬉しい!面白い!」という独自性のあるお返しが用意できると、やはり資金調達はしやすくなるかと思います。

 

VALUは株のように価格が変動する polcaは一律

VALUの場合は購入したときに対価としてVALUを受け取ることができる。

要はその価格が変化する株ようなものがVALUです。

 

クラウドファンディングは応援目的でお金を支払うことがほとんど、たまにお返しが目的でって人もいるかもしれませんね。

 

VALUの場合はそれに加えて、このVALUは将来値上がりするから、そのときに売って儲けるために持っておこう。というような投資的な動機で購入される可能性もあります。

 

ただしVALUの公式見解として、投機的な買い方はしないことを推奨されていて、応援したい人のVALUを買っていくことを推し進めているようです。

 

一方でpolca1口でいくらの支援を受け付けるのかを設定します。

最小が300円で最大が10万円です。

 

通常300500円くらいの小さめの金額を1口に設定する人が多いようです。そのくらいだと、気軽に支援できますよね。

 

VALUでは検索が可能、polcaは検索できない。 

VALUでは検索機能やカテゴリ分けのところから、他人のVALUを探していくことができます。もともと、第三者同士をつなぐことができるサイトとして設計されています。

 

一方で、polcaはほかの人のプロジェクトを検索できません。そのプロジェクトの存在を知るには立ち上げた人がプロジェクトのURLを教えないといけません。

 

polcaは「フレンドファンディング」という名前のとおり、友達同士でお金を出し合う目的のために使うことを設計されています。

 

なので、第三者がプロジェクトを探す必要がないから、そのような仕様になっているのだと思います。

 

ただ、現状ほかの人のpolcaを探して応援してみようという人も多いのが事実です。その場合ツイッターのハッシュタグ #polca などで検索をすると、他人のプロジェクトが見つかりやすいです。

 

また、第三者に支援をお願いする場合はプロジェクトを立ち上げて #polca のハッシュタグをつけてツイートすることが、広まりつつあります。

 

VALUはビットコイン、polcaはクレジットカード払い

VALUを買おうと思った場合、まずはビットコインを調達して準備する必要があります。個人の疑似株式のようなシステムになっているVALUは同じことを円で行おうとすると法律上の問題が発生します。

 

それを解消すべく、VALUの売買にはビットコインを使うということにすれば、現状の法律では問題なく展開をしていくことができます。

 

私もまずはほかの人のVALUを買ってみようと思い、仮想通貨の取引所に登録してビットコインを初めて購入してみました。

 

大手の取引所であるcoincheckというところが有名だったので、そこに登録することにしました。VALUをやってみたい場合は、ぜひ登録してビットコインを手に入れましょう。

→ coincheckへの登録はこちら

 

登録後は本人確認の登録をすることで、自由に送金などができるようになります。VALUで使うためには本人確認は必須なので早めに済ませてしまいましょう。

 

ビットコインを持っていなかったという方も、この機会に1万円くらいでも良いので資産の一部をビットコインに変えてみるのは面白い体験ができると思います。

 

仮想通貨を持つ醍醐味を体験してみてください。

 

一方でpolcaはクレジットカードを登録して完全に円を使ってダイレクトに決済をすることが可能です。気軽に簡単に登録して、決済も行うことができます。

まとめ

見ていると、VALUに取り組んでいるユーザーの多くがpolcaにも興味を持って使っている傾向があります。新しいサービスが好きで第三者から資金調達をすることができる仕組みにメリットを感じている層とも言えます。

 

とはいえ、VALUとpolcaでは違いがあります。VALUの方が使い方次第では大きな資金調達がしやすそうですし、他人のVALUの売買でも利益を出せるのでまとまったお金は稼ぎやすそうです。

 

一方で、polcaの場合は小さい金額を多数の人から集めやすい仕組みになっているので、ちょっとした面白い企画を立ち上げてみると面白いプロジェクトができそうです。

 

個人的に感じるのはVALUにしてもpolcaにしても、本当に価値ある使い方というのは、これらのサービスを使って作ることができる人と人との繋がりにあるのではないかと感じています。

 

もちろん、個人が資金調達をすることができる機会ということで、有効に使える場であることに間違いはありません。

 

ただ、お金だけを見てしまうと、大切なチャンスを逃してしまう可能性があります。応援したい人、波長が合う人を探す機会である。自分を応援してくれる人を引き寄せる機会である。

 

そんなふうに再定義をして、それぞれのサービスを使ってみると、見えてくるものがまた違ってくるかもしれません。

 

どちらも、もともと有名な人、SNSなどでの影響力がある人の方が開始してからすぐにマネタイズをすることができるので有利なように見えます。

 

しかし、普通の人が使っても、「人との出会いの場である」という使い方をする限りでは、とても大きな機会がそこにあるような気がします。

 

さて、私もVALUとpolcaの両方にアカウントを作っています。

 

VALUでのアカウントはこちら

valu.is

 

ぜひウォッチリストの登録をしてみてください。

 

polcaでは「polcaでお金を集めてpolcaおじさんになりたい!」というプロジェクトを立ち上げています。

polca.jp

 

集めたお金は全額polcaを通じて、面白そうなことをしている方の支援に使わせていただきます。