陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

VALU購入のリスクと危険性とは?

先月からスタートした新サービスVALUについての記事を書きました。

moriya-shinichiro.hatenablog.com

クラウドファンディング株式投資を組み合わせたような面白いサービスなのですが、このVALUを購入する場合には2つのリスクがあるので要注意です。

 

それが、

 

VALUの価格変動リスク

ビットコインの価格変動リスク

 

2つです。

 

VALUの発行者にとっては、金銭的リスクというのはあまり発生しません。VALUを発行したけど売れなくて時間がムダになったとか、自分のVALUの価格を下げてしまって、購入した人の信頼を失ってしまったとか。

 

そういうのは考えられますが、正直そこまで大きな問題にはならなそうな気がします。問題は起きるでしょうが確率としては少なそうです。

 

一方で、VALUを購入する人にとっては金銭が絡むリスクと危険性が発生します。まずは購入したVALUの価格そのものが変動するリスクです。

 

これは株を買うのと一緒ですね。上がると思って買った株が下がることもあります。VALUも買ったら上がるとは限らず、下がる場合もあります。これは金銭的にはリスクです。

 

VALUの場合には基本的に応援したい人のVALUを買って応援するというクラウドファンディング的な要素も大きいので、株式投資ほど価格変動に対する期待は少ないのかもしれませんが、やはり買ったものが値下がりするのは嫌ですよね。

 

そして、もう1つのリスクがビットコインの変動リスクです。

 

例えば、今日なんて1日でビットコイン5万円くらい下がっています。

昨日は27万円くらいあったのが、今の時点で22万円ちょっと。1日で20%くらい下がるのはなかなかですね。

 

VALUは円で買うことができず、ビットコインを使って買います。

したがって、VALUの価格が下がらなくても、ビットコインの価値が下がったら結果としてVALUの持つ価値も円に換算したら下がることになります。

 

これはアメリカなど海外の株を買うのと似たような感じですね。アメリカの株を買おうとしたら、そこでは株価の変動リスクと、ドルの為替変動リスクが両方発生します。

 

VALUもせっかく値上がりをしてもビットコインが暴落した場合は、円に換算したら結果的にマイナスになっていたなどということもあり得ます。

 

もちろん、リスクがあるということは、その分リターンも得られる可能性があります。ビットコインの価格が上がれば、VALUの価値それに応じて上がっていきます。

 

リスクとリターンは一体になっていることを理解した上で、それでも挑戦する価値ありと感じたらVALUに挑戦してみましょう。

 

私はリスクがあっても、その分取り組むだけの価値がVALUにはあると感じています。とはいえ、今日みたいにビットコインが暴落する日はVALUの中にビットコインをたくさん入れている人にとっては胃が痛くなりそうですよね。