陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

習慣化しようと思ってもできない理由

このブログの更新を習慣化することを始めて、本日で2週間になりました。

なんとか毎日最低1記事は更新できています。

 

本当は12記事書きたいし、記事のクオリティも、もっと上げたいのですが、なかなかそこに優先順位を割けずにいます。(このへん、最上志向の特性が凄く出ていますねw)

 

これって別に意志が弱いとか、自分がダメだとかそういうわけではなくて、理想が高いだけなのかなと思います。

 

この人、凄くいい記事書くなーって人はいますが、そのクオリティの記事を自分が今すぐ書けるかというと、時間をいくらかけようが頑張ろうが、ちょっと厳しいかなって思うんですね。

 

そこで無理な戦いをしないで、努力はしながらも今できることをしていくっていうのが、できること。逆に、自分には無理だって諦めて行動することすらしないと、得られるものも得られなくなってしまいます。

 

これまで、それで何度もブログを書き始めては途中で潰してきました(笑)

 

今、必要なのはクオリティを極限まで上げることではなくて、まずは継続して続けていくことだと思います。その中で少しずつクオリティを上げる努力をしていけばいい。

 

前に紹介した古川武士さんの「30日で人生を変える「続ける」習慣」によると、今は習慣化の第一ステップの不安定期です。

moriya-shinichiro.hatenablog.com

この不安定期を乗り切るためには、3つのコツがあります。前の記事でも書きましたが、

 

1、パターン化する

2、例外ルールを設ける

3、継続スイッチをセットする

 

です。このうち「例外ルール」に関しては、できているのですが、パターン化と継続スイッチはやっていません。

 

ここが、ちょっと習慣化に負荷がかかっているなと感じたり、納得できないなと感じるところだと思います。

 

「パターン化」はそのことをやる日時、内容、場所を決めるというものです。

「継続スイッチ」は継続したときのごほうびや、継続しなかったときの罰などを決めて、アメとムチを駆使して習慣化していくことです。

 

パターン化に関しては、

 

・場所は午前中=10:00から自宅で 午後=14時からカフェでそれぞれ45分ずつかけて記事を2つ投稿

 

継続スイッチに関しては、

 

2記事書けたときにはお菓子を食べていい(ご褒美)

 

とか、そういうのを決めればOKです。お菓子だと太りそうだから、別のご褒美を考えたほうがいいな。

 

継続スイッチは12種類あるので、これを1個ずつ試してみて有効なものを残すのが良さそうです。