陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

子供が熱中症!?発熱、嘔吐、けいれんなどの症状

2歳になる子供が食事前に急に嘔吐し、熱を測ったら384分。

昼間に外出したときに体が熱くなっていて、そのあとクーラーの効いた室内で昼寝をしたので大丈夫かなと思ったのですが、もしかしたら熱中症かな?と一瞬心配になりました。

 

夕食はそこそこ食べれたのですが、その後体をガクガク震わせてけいれんのような症状になりました。

 

熱も40度近くまで上がり、ネットで調べてみた結果病院へ行ったほうが良さそうだと感じて、救急車を呼んで休日診療の病院へ搬送。

 

調べてみた結果、どうも熱中症ではなく風邪なんじゃないかという話に・・・

けいれんというよりも熱が出て寒気でブルブル震えていただけのようです。

 

意識もあるし、それなりに元気なので少し点滴をして、連休中は様子を見ておけばおそらく大丈夫でしょうということでした。

 

うーん、救急車を呼ぶほどでもなかったのかな?

とも思いましたが、それはあくまで結果論ですからね。

 

病院の壁に貼ってあったポスターに、小児救急電話相談の案内があり、あーもしかしたら今回みたいなときは、ここに連絡すれば良かったのかもしれない!

 

と思いました。

 

小児救急電話相談は厚生労働省が行っているもので、短縮番号#8000をプッシュすると、その都道府県の相談窓口に自動転送されて、小児科医や看護師の方に対応のアドバイスをもらえるようです。

www.mhlw.go.jp

携帯からもつながるとのこと。

 

自治体によって0:00までの受付のところと、翌朝の早朝までやっているところとあるようですが、日本全国どこでも窓口はあるようです。

 

休日や夜間にお子さんが怪我や病気になった場合は、こういう窓口があるということは知っておくと安心ですね。

 

私も次にこういう機会があったら、ここに連絡してみます。