陰中の陽

好きなことをして生きている筆者の日記。インターネットビジネス、ソーシャルメディア、自己啓発、起業、仕事術、ウェルスダイナミクスほか各種適性診断の話を中心に思ったことを書いていきます。

睡眠負債は解消できた?2日連続で8時間睡眠

一昨日、昨日と2日連続で8時間睡眠をとることができました。

夜眠くなって、今までだったら我慢して起きててしまうこともあったのですが、もういいやって思って寝てしまって、ぐっすり眠れました。

 

たまたまこの週末は比較的やるべきことが少なくて、寝てしまうことができたのですが、やることが残っている状況で寝てしまうのは本当に怖いと感じます。

 

それでも、思い切って寝てしまったほうがパフォーマンスが上がって良いかもしれないとは思うのですが、どうなんでしょうね。

 

土曜日はそれでも全然疲れがとれた感じがしなくて、なんかこれはおかしいぞって気がして、午後から整体に行くことにしました。

 

腰やら背中やら首やらだいぶ固くなっていたようですが、ほぐしてもらって整えてもらい、その日の夜もグッスリでした。

 

今、通っている整体はこれが3回目ですが、これまで行っていた整体の中では1番効いているような気がします。結構、ツボにビシビシ入れてくる先生なので、満足感ある感じです。

 

効果的な睡眠について書いている本の中では6時間半~7時間程度の睡眠は必要であると、伝えているものが多いようです。

 

今年に入って読んだ本だと、

 

・脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術

・「脳を本気」にさせる究極の勉強法

スタンフォード式 最高の睡眠

 

3冊ともに6時間半~7時間の睡眠をとることが、脳のパフォーマンスを上げるには必要だと書かれていた。

 

それを知って以来、睡眠時間が足りないと余計にパフォーマンスが上がらない気がして、プラシーボ効果が悪い意味で働いてしまっている気がする。

 

いや、科学的に睡眠時間が短いとパフォーマンスが下がるのであれば、本当に下がっているのでしょうが・・・

 

睡眠時間が足りない日が続くと「睡眠負債」がたまっていき、それは週末に睡眠時間を増やした程度では解消できないとのこと。

スタンフォード式 最高の睡眠より)

 

そんなわけで、この週末にゆっくり眠ることができたのは、睡眠の質を良くするためのほんの序章。

 

8月、9月、10月は早寝早起きをして7時間睡眠をとる。

ということを習慣化するための3ヶ月にします。

 

睡眠習慣の改善には3ヶ月かかるというのは、なかなか長期戦だなと思いますが、そのくらい体にがっちりと身についた睡眠習慣は改善が難しいものなのだと思います。

 

週末だけで終わりにせずに、今日も早めに寝て明日のパフォーマンスを最大化したいと思います。23時に寝て6時に起きられるような感じにできるといいなと思います。

 

 

 

メルマガ、発行しています。

タイプ別のSNS集客法とか、最近話題になっているVALUの最新情報とかを配信していく予定です。

 こちらから無料で登録できます。

 

タイプ別のSNS集客法は適性診断テスト・ウェルスダイナミクスを使って考えていきます。今すぐ知りたい方はこちらの個人セッションに申し込んでいただければすぐに教えることもできます。